外壁塗装・屋根塗替えなど施工事例をご覧下さい 施工事例

HOME > 施工事例 > 屋根塗装 > 去年の台風のせいで屋根が・・・台風の被害に遭われた各務原市にお住いのG様からご相談がありました。

去年の台風のせいで屋根が・・・台風の被害に遭われた各務原市にお住いのG様からご相談がありました。

2020.08.07 更新
施工後施工後After
施工前施工前Before

去年の台風のせいで屋根が・・・台風の被害に遭われた各務原市にお住いのG様からご相談がありました。

施工住所 岐阜県各務原市
施工内容 屋根塗装
工事内容 屋根補修工事・屋根塗装工事
屋根材 スレート
屋根使用塗料 ファインパーフェクトベスト
工事日数 16日間
工事完了月 2020年7月

お客様からのコメント

築20年から23年くらいの家なのですが、平成30年の台風の被害に遭っていました。

台風の強風により、屋根のつなぎカバーが飛んでしまって

市役所に人が、その飛んで行ってしまったカバーを回収していきましたが、

今、家の屋根がどんな状態になっているのかわからない。

また、梅雨が来ると雨漏りしないか心配なのでなおしてほしくてfeelgoodさんに

相談しました。

火災保険の風災保証が認定される可能性があるとのことで、その申請をサポートしてもらい、保険会社の鑑定人さんが来た時も立ち合いしていただけて安心しました。

とてもよい会社だと思います。

知り合いにも紹介させていただきます。

担当スタッフからのコメント

G様 お世話になっております✨

 

G様のように台風のシーズンになりますとあまりの強風で棟板金がめくれてしまったり、

板金が吹き飛ばされてしまった!などのお話をよく聞きます。

台風の被害で一番多い箇所は屋根です。

屋根は雨や紫外線など常に厳しい環境下にあります💦

屋根は自分たちで目視することができないため自分の家の屋根がどんな状態になっているのか

把握しにくい部分でもあります。

なので、定期的なメンテナンスが重要になってきます!

 

G様の場合は、棟板金の下の貫板の劣化もあり棟板金を止めてあった釘などが強風のせいで抜けてしまい

飛ばされていました。

ご心配されていたようにそのままにしておくと、梅雨に入り雨がたくさん降ると雨漏りはさけられませんでした😨

雨漏りしてしまうと塗装だけでは済まなくなってしまうので早急に対応ができてよかったです!

工事が終わった後に

これからもっといい会社にしてね!応援してるよ!頑張って!

と電話くださり、本当にありがとうございます!!

今後とも点検等アフターフォローさせていただきますので末永いお付き合いをよろしくお願いいたします✨

去年の台風のせいで屋根が・・・台風の被害に遭われた各務原市にお住いのG様からご相談がありました。 施工写真

  • 足場組立
    足場組立
    いよいよ始まる作業。足場を組み立て、ネット養生します。足場を立てる前にご近所様へのご挨拶を弊社の方でせていただきます。
  • 防犯ライト設置
    防犯ライト設置
    足場を立てるとどうしてもお家の周りが暗くなってしまうので防犯の為、人が通ると光るタイプのLEDライトを4か所に設置していきます。
  • コーキング補修
    コーキング補修
    棟板金の下のスレートが割れていたり欠けているのでそれをコーキングで補修します。
    割れていたり欠けているのをそのままにしておくと雨漏りなどの原因につながります。
  • 既設棟撤去作業
    既設棟撤去作業
    台風で飛ばされてしまった棟板金以外の箇所にある棟板金の撤去をします。
    棟板金がつけてある貫板が木なので腐食などが進むと棟板金を固定している釘が緩くなり、既設の棟板金も飛ばされてしまいます。
    なのでそうならないために、すべて新しいものにします。
  • タフモック取り付け
    タフモック取り付け
    本来貫板は木製が多いのですが水にぬれると腐食してしまうため、貫板を木製じゃないものにしてしまえばよいということで開発されたのが樹脂製のタフモックです。樹脂製ですから腐食に強く、水分で劣化してしまうなんてこともありません。ステンレスビスと組み合わせることによって、長期に渡って棟板金を強い力で固定し続けます。棟板金の交換を検討しているのなら、貫板にはこのタフモックをお勧めします。
  • 棟板金新設作業
    棟板金新設作業
    棟板金とは、屋根の頂点にある板金のことです。屋根と屋根の面が合わさる部分を覆って雨水が侵入するのを防ぎます。
    棟板金は風の影響を受けやすく飛ばされやすいのでしっかり固定する為にタフモックを使用して棟板金を固定します。
  • コーキング処理
    コーキング処理
    屋根材を止めているビスや水切りと外壁の間に、雨水が侵入しないようにコーキングを打ちます。
  • バイオ洗浄
    バイオ洗浄
    特殊な洗剤を使用することで汚れを落としやすくします。また、目に見えない菌なども一緒に落とすので将来的にカビや苔の抑止にもなります。
  • 高圧洗浄
    高圧洗浄
    高圧洗浄で苔や藻を根こそぎ取り除くことで、塗料の持ちも良くなります。
  • タスペーサー取り付け
    タスペーサー取り付け
    屋根同士の間にタスペーサーを入れ込んで隙間をつくることで屋根同士が縁切りされた状態をキープできます。縁切りすることによって屋根同士の間に雨水が溜まらなくなり、正常に流れていくので雨漏りを防ぎます。
  • 屋根補修
    屋根補修
    オートンイクシードを使用し、屋根のクラック(ひび)や割れてしまっている部分の補修をします。
    屋根のクラックを放置し続けると、雨漏り原因になります。なので、クラックやヒビを見つけた場合は早急に対応することをおすすめします。
  • 屋根塗装
    屋根塗装
    屋根の素材や劣化状況によって塗り方が変わってきます。お家に合った塗装をご提案させていただきます。
    今回は下塗り1回、上塗り2回の施工です。