外壁塗装・屋根塗替えなど施工事例をご覧下さい 施工事例

HOME > 施工事例 > カバー工事 > 各務原市H様 屋根のカラーベストの劣化がひどくて困っていたので3社ほど他社さんの見積もりを取りましたが、田中社長さんから詳しく説明をしてもらい内容と金額が一番合っていたのでfeelgoodさんに工事をお願いすることにしました。

各務原市H様 屋根のカラーベストの劣化がひどくて困っていたので3社ほど他社さんの見積もりを取りましたが、田中社長さんから詳しく説明をしてもらい内容と金額が一番合っていたのでfeelgoodさんに工事をお願いすることにしました。

2021.02.22 更新
施工後施工後After
施工前施工前Before

各務原市H様 屋根のカラーベストの劣化がひどくて困っていたので3社ほど他社さんの見積もりを取りましたが、田中社長さんから詳しく説明をしてもらい内容と金額が一番合っていたのでfeelgoodさんに工事をお願いすることにしました。

施工住所 岐阜県各務原市
施工内容 カバー工事ガルバリウム鋼板新設工事屋根補修
工事内容 屋根金属カバー工事
屋根材 カラーベスト
屋根使用塗料 ガルバリウム鋼板
工事日数 15日間
工事完了月 2019年8月

お客様からのコメント

各務原市H様

屋根のカラーベストがとても古くなってきて、劣化がひどくてとても困っていました。

近年大雨が多く壊れてしまう前になんとかしたいを思っていたところ、新聞の折込みチラシだったかと思うのですが、feelgoodさんを知り、問合せしました。

最初は電話での問合せでしたが、電話ではよく分からなかったので会社を訪問して詳しく説明してもらいました。

3社ほど他社さんの見積もりを取りましたが、田中社長さんから詳しく説明をしてもらい内容と金額が一番合っていたのでfeelgoodさんにお願いすることにしました。

工事中は真夏の暑い日で、そんな中で職人さんは毎日毎日一生懸命作業してくれてすごいなと思いました。

完成した家を見て、もう心配しなくていいんだと安心しました。仕上りもきれいでとても良かったです。

メンテナンスの方も定期的にハガキをくださるので、本当に安心してお任せできます。

担当スタッフからのコメント

H様 いつも大変お世話になっております。✨

この度は弊社に工事を任せていただきありがとうございました✨

 

H様の屋根の劣化は、前回塗膜の剥離やコケが発生していました。

これは、前回どちらかで塗装されたときの施工不良や雨水に晒された状態も続いて、塗膜の表面と屋根材自体もところどころめくれてしまっていました。

そこで今回は金属カバー工法をご提案しました。

屋根の金属カバー工法はもともとの屋根材の上から新しいガルバリウム鋼板で既存の屋根をカバーする工法です。

このカバー工法は、元の屋根材の劣化が激しいときにお勧め致します。既存の屋根の撤去費用がかからないので、葺き替え工事よりも安く工事をする事ができます✨

「屋根の耐候性(機能の回復)+見た目もきれいになる+安く済ませられる」という一石二鳥ならず一石三鳥くらいの工事だと思います✨

また、ガルバリウム鋼板は耐久年数が長いので末永く安心してお過ごしいただけます!

また定期点検でお会いできるのを楽しみにしております。

施工前施工前Before
施工後施工後After

各務原市H様 屋根のカラーベストの劣化がひどくて困っていたので3社ほど他社さんの見積もりを取りましたが、田中社長さんから詳しく説明をしてもらい内容と金額が一番合っていたのでfeelgoodさんに工事をお願いすることにしました。 施工写真

  • 足場組立
    足場組立
    いよいよ始まる作業。足場を組み立て、ネット養生します。足場を立てる前にご近所様へのご挨拶を弊社の方でせていただきます。
  • バイオ洗浄(屋根)
    バイオ洗浄(屋根)
    特殊な洗剤を使用し、スレート屋根や外壁に長年こびりついた汚れやカビなどを浮き上がらせます。
  • 高圧洗浄(屋根)
    高圧洗浄(屋根)
    高圧洗浄で苔や藻を根こそぎ取り除くことで、塗料の持ちも良くなります。
  • バイオ洗浄(駐車場)
    バイオ洗浄(駐車場)
    特殊な洗剤を使用し、長年こびりついた汚れやカビなどを浮き上がらせます。
  • 高圧洗浄(駐車場)
    高圧洗浄(駐車場)
    高圧洗浄で苔や藻を根こそぎ取り除きます。
  • 天窓撤去
    天窓撤去
    天窓の寿命は20〜25年と言われ、実際に20年前後で雨漏りやガラスの汚れ・曇りなどの天窓のデメリットと言われている症状が現れはじめます。今回の屋根工事で撤去して塞ぐことにしました。
  • ルーフィング
    ルーフィング
    ルーフィング(防水紙)を敷設し、雨の侵入を防ぎます。万が一、万一屋根材の下に水分が入り込んでもしっかりと守ってくれます。
  • 役物取り付け
    役物取り付け
    ガルバリウム鋼板の金属カバー工法は下から上に貼っていくので一番最初に軒先水切りを付けていきます。屋根自体の高さが上がってしまっても雨水が既存の樋に入るように板金を加工しています。
  • 屋根カバー
    屋根カバー
    いよいよ新しい屋根材を取り付けていきます。この屋根材は“GOKUルーフ”という軽くて腐食に強いガルバリウム鋼板です。職人さんが一枚一枚丁寧に設置していきます。
    ガルバリウムはとても耐久性が高く30年程寿命が続くといわれています。
  • 貫板(タフモック)設置
    貫板(タフモック)設置
    本来貫板は木製が多いのですが水にぬれると腐食してしまうため、貫板を木製じゃないものにしてしまえばよいということで開発されたのが樹脂製のタフモックです。樹脂製ですから腐食に強く、水分で劣化してしまうなんてこともありません。ステンレスビスと組み合わせることによって、長期に渡って棟板金を強い力で固定し続けます。棟板金の交換を検討しているのなら、貫板には樹脂製のものをお勧めします。
  • 棟板金設置
    棟板金設置
    棟板金とは、屋根の頂点にある板金のことです。屋根と屋根の面が合わさる部分を覆って雨水が侵入するのを防ぎます。
    棟板金は風の影響を受けやすく飛ばされやすいのでしっかり固定する為に今回はタフモックを使用して棟板金を固定しました。