外壁塗装・屋根塗替えなど施工事例をご覧下さい 施工事例

HOME > 施工事例 > その他工事 > ガルバリウム鋼板新設工事 > 関市T様邸 地震が来たら怖いな…との声で今の重たい瓦屋根から軽い金属屋根に葺き替えされ地震対策ばっちりに!

関市T様邸 地震が来たら怖いな…との声で今の重たい瓦屋根から軽い金属屋根に葺き替えされ地震対策ばっちりに!

2020.06.27 更新
施工後施工後After
施工前施工前Before

関市T様邸 地震が来たら怖いな…との声で今の重たい瓦屋根から軽い金属屋根に葺き替えされ地震対策ばっちりに!

施工住所 岐阜県関市
施工内容 ガルバリウム鋼板新設工事その他工事外壁塗装瓦屋根工事
工事内容 外壁塗装工事 屋根葺き替え工事 
外壁材 トタン
屋根材 和瓦
外壁使用塗料 天日
工事日数 77日間
工事完了月 2020年2月

お客様からのコメント

岐阜県関市 T様

 

ご近所の方がfeelgoodさんで施工していたのでその紹介でfeelgoodさんを知りました。

和瓦の家なので地震が心配でなにかいい方法がないかと探していた所、屋根の葺き替え工事を見つけました。家の近くに建築屋さんがあるのでそちらで見積もりを取って頂いたのですが値段がとても高かったのでfeelgoodさんに見積もりを依頼しました。

そしたら、建築屋さんの見積もりの半額で同じ工事ができることを知りました。ご近所さんの紹介やホームページなどを拝見してfeelgoodさんなら信頼できると思いお願いしました。

工事中に起きた不具合にも速やかに対応していただき、細かい要求にも親切に相談にのってくださいました。礼儀正しく熱心な会社だと思いました。

担当スタッフからのコメント

T様お世話になっております(*^^*)

この度は信頼して工事を任せていただきありがとうございます!

ガラッと雰囲気が変わったお家に社員一同感動しております✨

 

T様から地震が心配とのことだったので耐震性に不安のあった重い瓦屋根から軽くて耐震性のあるガルバリウム鋼板の屋根への葺き替えをご提案させていただきました!

今までの屋根を解体、撤去し新しい屋根に葺き替える工事方法です。屋根材を取り外すのでその下にある雨漏りしないようにするための防水紙や野地板など普段手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができるんです👍

屋根葺き替えは老朽化や雨漏りが原因で行うイメージがあると思いますが、T様のように地震対策で軽い屋根に葺き替えるお客様もいらっしゃいます。

T様のお宅の床下を和室から点検させていただきましたが、床下に炭が置いてあり湿気対策万全な状態でした😊

シロアリは湿気を好むのでシロアリ対策ばっちりですね!

屋根も軽くなり、外壁もきれいになり、床下の対策もばっちりなので安心してお過ごしください💖

関市T様邸 地震が来たら怖いな…との声で今の重たい瓦屋根から軽い金属屋根に葺き替えされ地震対策ばっちりに! 施工写真

  • 足場組立
    足場組立
    いよいよ始まる作業。足場を組み立て、ネット養生します。足場を立てる前にご近所様へのご挨拶を弊社の方でせていただきます。
  • バイオ洗浄
    バイオ洗浄
    特殊な洗剤を使用し、スレート屋根や外壁に長年こびりついた汚れやカビなどを浮き上がらせます。
  • 高圧洗浄
    高圧洗浄
    高圧洗浄で苔や藻を根こそぎ取り除くことで、塗料の持ちも良くなります。
  • 外壁ケレン作業
    外壁ケレン作業
    ヤスリや電気工具を使って、サビや汚れを落としていきます。塗装の密着を良くするためにあえて傷をつけます。
  • 外壁塗装
    外壁塗装
    弊社オリジナル塗料“天日”で3回塗りします。
  • 付帯塗装
    付帯塗装
    樋・鼻隠し・破風・雨戸などの付帯部を塗装します。外壁だけがキレイになって付帯部がそのままの状態ですと汚れや劣化が目立ってしまいます。持ちを良くする意味でも付帯部の塗装をおすすめします。
  • 木部あく抜き
    木部あく抜き
    天然木材は経年劣化により素材表面に木材内部からにじみ出た樹液分や、あくが紫外線などにより濃い飴色のような汚れとなり黒くなります。
    あく抜きをすることで汚れを浮かして落とし、木材が持つ本来の美しさを取り戻します。
  • 巾木塗装
    巾木塗装
    巾木とは家の土台基礎となる部分。クラックをそのままにしておくと雨水や湿気により腐食の原因となることも。
    巾木塗装をすることで、外壁塗装しただけの場合よりも見た目が良くなります
  • 和瓦外し
    和瓦外し
    新しい屋根材をのせるために、今ついている和瓦を全て撤去します。
  • ベニヤ増し張り
    ベニヤ増し張り
    既存の屋根材の上から野地板(ベニヤ板)を張っていきます。これをすることで、次に施工するガルバリウム鋼板がしっかりと固定され、強度が増します。
  • ルーフィング敷設作業
    ルーフィング敷設作業
    ルーフィング(防水紙)を敷設し、雨の侵入を防ぎます。万が一、屋根材の下に水分が入り込んでも守ってくれます。
  • 屋根材の取り付け
    屋根材の取り付け
    いよいよ新しい屋根材を取り付けていきます。この屋根材は“GOKUルーフ”という軽くて腐食に強いガルバリウム鋼板です。職人さんが一枚一枚丁寧に設置していきます。
    ガルバリウムはとても耐久性が高く30年程寿命が続くといわれています。
  • 室内クロス仕上げ
    室内クロス仕上げ
    クロス下地のベニアを増し張りしてパテで補修後、クロスで仕上げました。